• 時に、西暦2024年6月20日。 03:59

模型補完委員会

汎用人型工作兵器ヤツゲリオン工房

すずめの戸締まり「後ろ戸」

新海誠監督の映画「すずめの戸締まり」に登場する「後ろ戸」の制作。

この扉は、映画を象徴するビジュアルにもなっているので、なるべく細部にもこだわって制作しました。ちなみに、上の写真ではまだドアノブがついていないので、これでは鍵が閉められません。

今回は、木製のドアを使用しました。白く筆塗り塗装をした後に、映画のビジュアル同様の塗装はげを表現するべく、ヤスリをかけましたが、ペンキの塗膜ごとべろんと剥がれた感じを出すためには、ヤスリよりもプラで表現した方がよかったのかも・・・と思いました。

水面はレジンを使用。水底を水色で塗装した後、青色の塗料を混ぜたレジンを流し込み、硬化させています。多少、水面の波を表現しています。

これで完成です。ちなみに、扉を開けると「常世」が広がっているように見せるために鏡面にしていますが、この表現方法については改善の余地がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です